バラの女王ダマスクローズとハンドクリーム

2017年02月18日

バラの女王ダマスクローズとハンドクリーム



今回は、バラの女王ダマスクローズとハンドクリームのお話です。


1.ダマスクローズってどんなバラ



あなたは、香りのあるハンドクリームで最も人気のある香りって何だかご存知でしょうか?
それは、何といってもバラの香りではないでしょうか?

香りのあるハンドクリームには、バラ以外にも様々。
レモンなど柑橘系の香りが好きな方も多いと思いますが、バラは優雅、高貴なイメージも後押しして人気ですね。

レモンなど柑橘系の香りのイメージ

そんなバラの中でも、最も芳醇で高貴、高価なバラがダマスクローズです。
ダマスクローズの歴史は太古から始まり、古代ではクレオパトラ、中世ではマリーアントワネットも愛したバラだというエピソードもあるそうです。

今では、ブルガリアを中心にトルコほかヨーロッパや中国などアジアでも栽培されています。
しかし、ダマスクローズで最も高級なのは、今もブルガリア産。

政府の期間がブリガリア産のであることを認証しているダマスクローズもあるのです。
だから、ブルガリア産のダマスクローズは、高級ブランドの香水、化粧品、アロマオイル、ローズウォーターなどの高価な製品に使われることが大半なのです。

ダマスクローズは、オイルとローズ水に分かれますが、どちらもハンドクリームに使われます。
なぜなら、ダマスクローズには、保湿効果、リラックス効果、紫外線吸収効果などのエイジングケアの効果があります。

この効果が、ハンドクリーム、特にエイジングケアのハンドクリームにはとても有効です。



2.ダマスクローズが50%も含まれたハンドクリームがあることをご存知ですか?



そんなダマスクローズを使った製品でなんと50%も配合されているのが、ダマスクローズ濃密配合のハンドクリーム「ナールスロゼ

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品「ナールス」ブランドです。
名前もそのまま「Rose」で、「ロゼ」と呼びます。

ナールスロゼについて説明する女性

ナールスロゼの魅力で一番大きなポイントは、ダマスクローズ水が50%という超高密度で入っていることなんです。

しかも、ブルガリア政府の認証機関が認めた正真正銘のブルガリアンローズ。

ブルガリア産のダマスクローズが入ったハンドクリームはほかにもありますが、このような高濃度で配合したハンドクリームは見たことも聞いたこともありません。

まさに、ナールスロゼは、ダマスクローズのハンドクリームでユニークなアイテムなんです。
ナールス ロゼの特徴は5つあります。


1)ダマスクローズとナールスゲン配合


ナールスロゼは、芳醇な香りのダマスクローズと最先端エイジングケア化粧品成分ナールスゲンで、香りを楽しみながらエイジングケアができるハンドクリームです。


2)無香料・無着色なのに、ピンクで芳醇なバラの香り


ナールスロゼは、無香料・無着色です。


3)べたつかないサッパリタイプ


ナールスロゼは、べたつかずサッパリとしたジェルタイプのハンドクリームです。


4)ヒト型セラミド配合のハンドクリーム


ナールスロゼは、ヒト型セラミドであるセラミド2を配


5)防腐剤無添加のハンドクリーム


ナールスロゼは、フェノキシエタノールやパラベンなどの防腐剤を一切使用していません。
こんな5つの特徴を持つハンドクリームをぜひ、エイジングケアに!