ほうれい線対策に、お肌の皮下組織からケア

2017年02月20日
ほうれい線対策に、お肌の皮下組織からケア

ほうれい線の仕組みを知り
ほうれい線を消す方法を学びましょう!

ほうれい線は女性の見た目を実年齢以上に見せる、女性の大敵です。

ほうれい線対策としてここまで、ご紹介してきたスキンケア方法や顔面体操は皮膚の中でも表皮や真皮までの範囲には有効ですが皮膚のもっとした「皮下組織」と呼ばれる部分のケアに関してまだまだ十分ではありません。

そこで今回は皮下組織にも効果のあるスキンケア方法(体ケア方法)をご紹介します。


1.ほうれい線と皮下組織の関係



ほうれい線のできてしまいやすい頬の組織は、スキンケアをおすすめした際にも注目した通り何層もの組織が折り重なる形で構成しています。

しかしほうれい線の場合体にもとからある線と言うこともあり表皮の部分だけをケアしてもあまり意味がなく、皮下組織までケアできて初めてほうれい線を予防改善することにつながります。

ほうれい線が顕著に見える人の肌は頬の筋肉だけが固くしたえられてしまう場合があります。
これはマッサージのしすぎ、あるいはしなさすぎで皮脂の脂が固まっていることが考えられます。

この頬に潤いとハリを与えているのが皮下組織にあるアポクリン汗腺やエクリン汗腺で、これらの汗腺は主に肌が潤いやハリを亡くした際、また発汗した時に働いて人間の皮膚の表面の潤いを保とうとします。

つまり、目で見て確認できるほうれい線を見えにくくすることができるのもこの皮下組織であると言えるでしょう。

つまり、ほうれい線対策において皮下組織とはきづかなくてはいけない大事なポイントです。

どんなに表皮を健康的にしてもそこに皮脂を送り込む皮下組織のケアをおろそかにしては本末転倒であると言えるでしょう。


2.ほうれい線予防に効果的なスキンケア方法



ほうれい線ケアにおいて皮下組織にアプローチする方法は、栄養補助食品による体の中からのアンチエイチング方法が最も、有効であると言えるでしょう。

通常スキンケアに使う化粧水や乳液などは皮下組織に届く前に細胞に吸収され余った水分は蒸発してしまいます。

そこで注目したいのがカプセルや食物などの体の中からほうれい線を改善する成分群です。皮下組織は皮下脂肪と同じ細胞でできています。

皮下脂肪と聞いて、嫌なイメージを持つ方も多いかと思いますが、皮下脂肪にも大切な役割があります。

それは外部からの攻撃や衝撃を和らげるクッションの役割、熱を伝えにくいという性質から体内にある臓器が熱で侵されたり、また寒さの厳しい時期に対外と体内が同じ温度にならないように保温する役割です。

また、脂肪はエネルギーの塊ですので、汗腺がうまく働かないときは皮下組織が己のエネルギーを燃やしてその熱で汗腺を働かせ、体の温度調節を行います。

つまり、皮下組織を利用してほうれい線を予防する際には「熱」が重要なポイントになるということが言えます。

ではどのようにすれば脂肪は熱に代わり、汗腺や細胞の果たす役割を促すことができるのでしょうか。
正解は体の内側から体を温める方法です。

ここ最近、ハバネロやトウガラシなど発汗作用のある辛い食べ物を食べてデトックス(老廃物を発汗することで表皮を潤す方法)が注目されています。

トウガラシなどに含まれるカプサイシンは体に吸収されると体の内側から発汗させる効果が期待できます。

体の中は温かくなり、血流だけでなく細胞内の水分の循環も良くなほうれい線の改善に結びついて効果を上げることが期待できます。


3.ほうれい線予防のためのスキンケア商品



ほうれい線の予防と改善のために摂取したいカプサイシンのスキンケアグッズで最も有名なのが、カプサイシン入りのダイエット飲料です。

また、カプセルの商品もあり、エステサロンのダイエットメニューを所望する多くの客に広まっています。

カプサイシンはトウガラシの成分であるということで、害獣の処理に使われることもあるあるほどの成分です。

過剰な摂取は健康被害を招くこともありますので、十分注意して医師や薬剤師、または漢方医と相談の上ご使用ください。


4.まとめ



ほうれい線の予防と改善を皮下組織の観点から見て、有効なものは体の中に取り込んで効果を発揮するトウガラシの成分であるカプサイシンだとわかりました。

現在日本で唐辛子と言えば七味唐辛子が最も有名な唐辛子製品ですが、これは調味料であるため、あまり多くの量を一度に取ることはできません。

しかし、キムチやペペロンチーノ、ゆず胡椒などのある程度の量を一度に食べることができる料理なら、「食べるスキンケア」として、ほうれい線予防に利用することができます。

是非あなたに合ったカプサイシン商品を選んで健康的で安全でなおかつ美味しいほうれい線予防に取り組んでみて下さい。

最後にほうれい線の仕組みを知るには、
ほうれい線を消す方法をご覧ください!